池袋風俗業種ガイド

店舗型ヘルス 【東口】【西口、北口

古くから営業している届出店やソープから転向の店などを中心に少数派となっている。
ホテル型と違って看板の出ている店が多いため場所等もわかりやすい。
短めのコース設定とかホテル代がかからないことなどから全体的にホテル型よりも割安。

ホテル型ヘルス 【東口】【西口、北口

現在の池袋において店舗数が多く主流となっている業種。プレイルームを持たず近くのホテル(池袋には風俗用ホテルも多い)やレンタルルームを使用する。ほとんどの店が看板などを出していないため場所などについては当サイトや電話での事前確認も必要。0時以降も営業している店はあるがその場合は電話受付のみとなる。 口でのサービスが主体でフィニッシュは素股か口内発射という形が一般的。コスプレのある店とかマットやAFなどの専門店もありサービス内容は店によって様々。

イメージクラブ 【東口】【西口、北口

様々なイメージによる設定の中でヌキを楽しむ業種なのだが本格的なイメージプレイのできる店は少数派でコスチュームを用意しているだけの店が大半。 ヘルス同様にホテルやレンタルルームを使う形が主流。店によっては電車や教室などのセットが用意されたイメージプレイ用のレンタルルームを使用できるところもある。 客が攻めに回る分ヘルス系に比べて時間が長めのところが多い。

日本人エステ

マッサージ+手でのサービスが中心だが店と女の子によってはヘルスに近いサービスまである場合も。 現在はホテル使用が主流。 当サイトでは日本人のみの店だけを掲載。

人妻系 【東口】【西口、北口

本当に人妻かどうかはこの際置いといてヘルス、性感系のうち在籍女性の年齢層が高い店舗の総称。30代前後が主流を占める店が多いが20代前半中心の若妻系〜40代以上の熟女系まで店によって幅がある。 やはり本物の人妻が多いのは早番と思われる。 以前はマンションでの営業等もあったが最近はホテル使用が主流。

ソープランド

風俗の王様。西口の西一番街からトキワ通り周辺に集中している。 都内では吉原に次いで店舗数が多い。 池袋のソープは年齢層がやや高め。値段が安くなるほど年齢層が上がる傾向がある。 総額表示の店の場合を除いて入浴料のほかにサービス料がかかる。サービス料の相場は入浴料の2〜3倍くらいが目安、詳細は店頭や電話等で要確認。

ピンクサロン

個室ではなくボックスシートの席上で口や手によるサービスとなる。表向きは飲食店なので飲み物が出るがシャワーはない。 情報源としては日刊ゲンダイ等の夕刊紙が詳しい。掲載日は「ゲンダイ日」として割引イベント等を行う店も多い。 池袋はヘルス系風俗が主流のためピンサロは店舗数が少ないですが最近新規の出店が目立ちます。 大塚、巣鴨は昔から店舗数が多いです。

SMクラブ

各店舗(マンションの場合もある)もしくは電話での受付後、近くのホテルに移動してのプレー開始という形になる。 一口にSMといっても本格的なところからイメクラに近いソフトSM店まで色々あり、S専門、M専門の店もあるので自分のやりたいプレーに合った店舗選びが大事。 「Sコース」と「Mコース」は客が攻めに回るのがSコース、女王様が出てくるのがMコースでSコースのほうが料金は高め。

デリバリーヘルス

名前の通りホテルや自宅等に出張してヘルスと同様のサービスを行う。 店舗型、ホテル型と違い事前に写真を見たりできない店が多い。 デリバリー専門だった店が受付を用意してホテル型に転向するケースも見受けられる。